【コピペNG!】プライバシーポリシーの書き方と設置方法を解説します

f:id:supplementgym:20200129165041p:plain

考える人の画像

Googleアドセンスの審査通過にはプライバシーポリシーの明記が必須って聞いたけど、プライバシーポリシーって何?どこにどうやって何を書くの?

本記事では、こういった悩みに答えます。

こんな方にオススメ
・Googleアドセンスの審査を受けるつもりである
・トラブルを回避したい。
・自ブログの信頼性を高めたい


プライバシーポリシーとは

プライバシーポリシーとは、簡単に言うと個人情報をどのように取り扱うかを記述したものです。

ブログ運営で取り扱う個人情報は、お問い合わせフォームを経由して入手する氏名(またはハンドルネーム)、メールアドレス、アクセス解析や広告表示に使うcookie情報が主たるものです。それらを勝手に第三者に流したりしませんよ、適切に取り扱いますよということを宣言するページがプライバシーポリシーです。

個人情報の取り扱いについてだけでなく免責事項や著作権、運営者情報もここに記述します。

なぜ必要なのか?

個人情報は誰にとっても重要なものです。なので、「我々は適切に取り扱います。あなたのプライバシーは守りますよ」と宣言することでブログの信頼性を高めることが、プライバシーポリシーを載せる目的のひとつです。「信頼性を高める」とまで言っているのですから、運営者はプライバシーポリシーを載せているだけではなくきちんと理解し、遵守する必要があります。

また、Googleアドセンスの審査において、プライバシーポリシーは必須コンテンツとされています。

support.google.com

ちなみに、お問い合わせフォームもアドセンスの審査において必須レベルだそうです。導入方法は過去記事で解説しています

www.monalisa.work

どこに書くの?

はてなブログpro、ワードプレスどちらの場合でも、「固定ページ」に書きます。

はてなブログ無料版の方は固定ページを使えないのでaboutページに書きます。

この記事でははてなブログでの書き方を解説します。ワードプレスの方はこちらをご参照ください。↓

wp-exp.com


ダッシュボードから「固定ページ」にアクセスします。URLのところにprivacypolicyと入力し、「ページを作る」をクリック。

f:id:supplementgym:20200131010044p:plain

するといつもと同じ記事編集ページが出るので、そこにプライバシーポリシーを記述して「公開する」をクリックすればOKです。

何を書くの?

プライバシーポリシーに書く必要があるのは

・個人情報の保護について
・アクセス解析ツールによるcookieの使用について
・広告表示に際するcookieの使用について
・免責事項
・著作権
・運営者情報

です。

「個人情報の取り扱いについて書けとか言われても難しそうだし・・・他サイトのコピペでいっか」とお思いのあなた。

ちょっとまって!

それ、危険なのでオススメしません。

他サイトのコピペは危険です。

f:id:supplementgym:20200131055903p:plain

なんで危険かというと、理由は2つあります。

・内容を理解していないから

・コピーコンテンツだと認識されるから

です。

先ほどの繰り返しになりますが、プライバシーポリシーは信頼性を高めるためのものであり、形式的に導入するだけでなくきちんと理解し遵守していなければ意味がありません。また、コピペで他サイトと全く同じものをプライバシーポリシーとしてしまうと、Googleからコピーコンテンツだとみなされ、ペナルティの対象となる可能性があります。

まあ実際コピーコンテンツなのでペナルティを喰らって当然ではありますが。

要点さえ押さえていれば、なにも難しい言葉を使う必要はありません。プライバシーポリシーは必ず自分の言葉で書きましょう。

個人情報の保護について

お問い合わせフォーム等を通して得たメールアドレスや氏名などの個人情報を、基本的には第三者に勝手に後悔しない旨を記せばOKです。

個人や企業からの案件を受ける場合、企業名や個人の本名を知ることになるでしょう。そういった情報を漏らしてしまうと大問題になってしまうので、個人情報は慎重に保管することが大切です。

アクセス解析ツールによるcookieの使用について

ほとんどのブログ運営者がGoogleアナリティクスのようなアクセス解析ツールを使っていることかと思います。

こういったアクセス解析ツールはcookieを利用して読者をトラッキングしているので、その旨をプライバシーポリシーに書く必要があります。また、cookieは個人情報を特定できるものではなく、トラッキングを拒否したければブラウザの設定によってcookieの利用を停止できることも書きます。

要はブログ(サイト)が読者をトラッキングしていることと、トラッキングされたくなければそれを止めることができるということを明示するということです。

ちょっと難しいので、書き方の例を挙げるとこんな感じです。

モナリザ.comでは、アクセス解析ツールとして「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはCookieを使用してトラフィックデータを収集します。

このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

この機能はお使いのブラウザの設定からCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。

広告表示に際するcookieの使用について

広告表示の際にも、cookieでトラッフィックデータを収集しているので、ここでも広告表示のためにcookieでトラッキングしていることと、追跡されたくなければ無効化できることを明示します。

Googleアドセンスではパーソナライズド広告といって、cookieを利用してユーザーの趣向に合わせた、興味を持ちそうな広告を表示しています。Googleアカウントの広告設定のページから、このcookieの利用を停止することができることを周知します。

免責事項

免責、つまりサイトを利用したことによって損害を被ったとしても一切の責任を負わないということを明記します。

サイト内の情報の正確性は必ずしも保証されないこと、リンク先の外部情報についても一切の責任を負わないことを書いておくとより良いでしょう。

著作権

ブログの内容を丸パクリ(無断転載)するなということを周知します。

また、自分も著作権を侵害しないような運営を心掛ける必要があります。人のブログを丸パクリすることはないと思いますが、画像を使うときは要注意です。

www.monalisa.work

www.monalisa.work

運営者情報

ページ末にブログ運営者の名前を書きます。本名である必要はありません。住所や電話番号などの個人情報は書かないようにしましょう。

個人情報の保護から運営者情報まででプライバシーポリシーは完成です。これをブログの見えやすいところに設置します。

ブログへの設置方法

サイドバーに設置するのが一般的でしょう。

ダッシュボードから「デザイン」→「カスタマイズ」(スパナアイコン)→「サイドバー」→「モジュールを追加」。

f:id:supplementgym:20200131052616p:plain

固定ページで作ったプライバシーポリシーのURLを「リンク」に貼り付けます。私はタイトルを「このサイトについて」としてお問い合わせフォームと一緒に表示しています。「変更を適用」でサイドバーにプライバシーポリシーへのリンクが表示されるようになります。

f:id:supplementgym:20200131052950p:plain

こんな感じで表示されます。

f:id:supplementgym:20200131053233p:plain

最後に

以上、プライバシーポリシーの書き方と貼り方について解説しました。テンプレもある程度参考にするくらいならいいと思いますが、大切なものなので、コピペしたりせずちゃんと理解したうえで自分の言葉で書きましょう。

この記事が気に入ってくださったなら、ぜひコメントやいいねをお願い致します!(励みになります。めっちゃ嬉しいです。)