ドバイ旅行に本当に必要な「16の持ち物」

f:id:supplementgym:20200313212421p:plain

モナリザの画像

ドバイ旅行、何を持っていけばいいのーー

と、悩んでいる方向けに、ドバイ旅行に「本当に持っていくべき16のアイテム」をまとめました。

備えあれば憂いなしとは言いますが、備えすぎてもスーツケースが無駄に重くなって旅行の負担となるだけです。

「いりそうで結局使わないもの」の知っておくだけで、かなりスーツケースのスペースを節約することができます。

空いたスペースにお土産を詰め込みまくりましょう!



必要な持ち物はたったの16個!

ドバイ旅行持ち物チェックリストです。

忘れ物防止にご利用ください。

持ち物チェックリスト

・服×日数分

・スマートカジュアルな服 1セット

・下着×日数分

・サンダル

・サングラス

・モバイルバッテリー

・ドバイ対応SIMカード

・コンセント変換プラグ

・スマホ充電器

・酔い止め

・水着

・アメニティ

・パスポート

・配車アプリ

・現金1万円

・サニタリー用品

・・・露出少なめの薄着で。

ドバイ旅行での服装について詳しくは知りたい方はこちらもご参照ください。

www.monalisa.work


スマートカジュアルな服・・・高級レストランに行くときに使います。


サンダル・・・砂漠ツアーに参加するとき・ビーチやプールで遊ぶときに使います。


サングラス・・・常に必要。紫外線が強いのと、街中でもたまに砂が舞っているので、目に入らないよう守るために着用します。砂漠ツアーで風が吹くととんでもない量の砂が目に侵入するので、レンズが大きいウェリントンタイプがいいでしょう。


ドバイ対応SIM・・・ポケットWi-FiだとWi-Fi本体の充電も気にしなければならず、しかもかさばるのでオススメしません。

こちらのSIMは20日間で5GBまでつかえるのでオススメ。インスタなど通信量の多いアプリをガンガン使っても余ったので、これ1枚で充分です。



使い方を解説しました↓↓

www.monalisa.work



変換プラグ・・・スマホの充電器を差すためのプラグ。

ドバイのコンセントはGタイプ(BFタイプ)なので、Gタイプ対応のものを選びましょう。

カシムラ 海外用変換プラグ BFタイプ 2個セット NTI-160

カシムラ 海外用変換プラグ BFタイプ 2個セット NTI-160

  • 発売日: 2015/09/01
  • メディア: ホーム&キッチン


酔い止め・・・バスや砂漠ツアーがとても酔うので、持って行っておきましょう。

足りなくなっても現地で買えます。

酔い止めの画像
ドバイの薬局で買った酔い止め

「乗り物酔い」はmotion sicknessと言えば伝わります。


水着・・・ドバイのホテルは大抵、大きなプールがついています。

ビーチも賑わっているので、行く予定のある方は水着を持っていきましょう。


アメニティ・・・歯ブラシや歯磨き粉など、ドバイのホテルなら置いてそうなのに置いていません。

髭剃りも同様です。


パスポート・・・忘れる人はさすがにいないでしょう。


配車アプリ・・・タクシーは配車アプリを使った方がトラブルなく利用できます。

UBERかCareemをあらかじめダウンロードし、クレカ登録まで済ませておきましょう。

www.monalisa.work


現金1万円・・・ドバイメトロのノルカードにチャージするとき等々、チップ文化がないとはいえ現金はある程度必要になります。1万円(340ディルハム)あれば足ります


サニタリー用品・・・男は必要ありません。


いりそうでいらないもの8つ

パジャマ・・・ドバイのホテルは大抵バスローブがあるので、持って行ったものの全く使わなかったです。

ランクのいいホテルに泊まる場合は本当にパジャマ要りません

意外とかさばるので絶対にもっていかないようにしましょう。


ドライヤー・・・中ランク以上のホテルならば性能のいいドライヤーがちゃんと備え付けられているので要りません。


変圧器・・・iPhoneの充電器には元々変圧器の機能が備えられているし、ドライヤーも持って行かないので使う機会がありません。

アンドロイドスマホの場合は変圧器が必要です。 tabihack.jp
ガイドブック・・・結局読みません。


セキュリティーポーチ・・・ドバイは治安がいいのでスリ等を心配する必要はありません。

普段使いのバッグで大丈夫です。


タオル・・・使いそうで使いません。

汗をかいても知らないうちに乾いているので大丈夫です。


ウェットティッシュ・・・ドバイのレストランではおしぼりは出ませんが、楽しすぎておしぼりがないことにすら気付かず食事を楽しんでいました。

おしぼりの代わりにしようと持っていきましたが、一度も使うことはありませんでした。


上着・・・ドバイは冷房が効いているので屋内は寒い!砂漠の夜は冷える!

・・・と聞いて、防寒用に薄い上着を持っていきましたが、そんなに寒くないです。

半袖長ズボンならばちょっと涼しいと感じる程度。

一度も使うことはありませんでした。

最後に:あれやこれやと持っていくよりも、お土産用のスペースとして開けておくほうがよい。

f:id:supplementgym:20200313231355j:plain
Alexas_FotosによるPixabayからの画像

旅行の準備をしていると、いろいろと持っていきたくなります。

その気持ちはわかります。

しかし、スーツケースが重いと移動時に無駄に体力を使いますし、大抵のものはドバイでも買えます。

要らないと思って置いてきたけど、やっぱり要る!と思ったらドバイで買えばいいのです。

それよりも、必要最小限のものだけ用意して、余ったスペースはお土産を入れるために取っておきましょう。

ドバイには魅力的なお土産が本当にたくさんあるので、スーツケースに入れるスペースがないから諦めるなんてことになったら後悔します。

用意しないことも”備え”ですよ!